上記は、3012年8月5日のポンド円30分足チャートです

この日の実践結果は以下の通りです

【検証の結果】

エントリー150.332→149.379(決済)

・・+94pips

 

この日は、米国雇用統計から2日後にも関わらず、

売りの勢いがやや強めに感じられる相場でした。

※スパンモデルはトレンドの状態を視覚的に判断出来ます

 

実際に取引したのはポンド円ですが、この他のクロス円も下落トレンドでした。

私がエントリーした時は、一旦上昇したのを確認し

再び落ちた時を狙ってエントリーしました

 

丁度「戻り」を狙った感じになります

戻り狙いに関しては、全ての相場で言い切れることでは有りませんが

 

上記の相場の様に明らかに「下落」が強い相場の場合は

むやみに買いで入らず「」を狙った方が効果的と考えられます

 

スパンモデルのロジックは

基本的にトレンドフォローです

 

相場の流に逆らわず、素直にトレンドに沿って利食いしていきます。

もちろん、考え方によっては一瞬の隙を狙って「逆張り」で入ることも出来ますが

やはり、基本はトレンドフォローがベストではないかと思います

 

FXとは、基本こんな感じです

 

「安い時に買って高値で売る」

「高い時に売って底値で買う」

単純にこの2つの繰り返しです。

 

簡単に言えばFXは「上がるか」「下がるか」の単純なルールです

まるでバイナリーオプションみたいですよね?

 

しかし、明確なルールの元売買を繰り返していかないと

FXで継続的な利益を出し続けるのは難しいものです。

 

逆を言えば、勝てるルールに従うだけで利益を出すことが出来る

それがマーフィーのスパンモデルFXです

 

是否あなたも挑戦してみてはいかがでしょう?

きっとポジポジ病も解消するはずです。

>>詳細ページを見てみる